読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yagisukeのお山なブログ

にわか登山好きの備忘録的なあれやこれ

2016/02/27-28 雲取山 〜 アイゼンよりチェーンスパイクだった 〜

雲取山 日本百名山

日帰りより1泊するほうがオススメ

2月末の休日を使って東京都奥多摩にある雲取山に1泊かけて行ってきました。
よく日帰りで行く人を聞きますが、朝の弱い僕にとっては、ゆっくりできるし、日の出も綺麗なので1泊することにしています。

雲取山f:id:yagi_suke:20160312224048j:plain
宿泊したのは山頂近くの雲取山荘です。

ここのおじちゃんおばちゃん本当に親切!
宿泊施設の口コミに、「宿の人厳しかった。」とか言っている人いますが、断固としてそんなことないです!!
そんなこと言っている人たちがマナー違反なんじゃないかと疑ってしまうほど。

今年は年賀状が届きました。山荘から年賀状が届くなんて人生初!
去年泊まった時は、おじさんが雲取山で出会った動物や絶景の写真を見せてくれました。
写真の中には小熊とジャレてるのもあったり..ビックリ

そのくらい優しいおじさんおばさんが営んでいるお宿です。
本当オススメです。
お部屋のこたつはまた格別。
これは実際に行かないと分からないので行ってからのお楽しみ!^^

雲取山荘前からの日の出(直前ですw) f:id:yagi_suke:20160312224038j:plain

心配していた天気も晴れでとっても気持ち良かったです。

ただ快晴なんだけども、山頂はボヤというかガスってて、前回行った雲取山の絶景が楽しめなかったのは少し残念でした。

快晴で景色がすごい綺麗なときって滅多にないですよね。
だからこそ、絶景が見れた時は感動するんでしょうけど^^;くやしー

アイゼンよりチェーンスパイクだった

雲取山 f:id:yagi_suke:20160312224129j:plain雲取山雲取山山頂からすぐの所です。
積雪10cmくらいでしょうか。。

1mくらいは積もると聞いていたもんだから、 せっかくだから12本爪のアイゼンを買って携帯していった僕ら。

暖冬な今年は、雪がなさすぎてアイゼンつけると登りづらいため、 登山靴のまま登頂しちゃいました。。
事前に積雪状況とかもっと見ておけばよかったと後悔。 40cm以下の積雪はチェーンスパイクで十分でした。じゃんじゃん
ちなみに購入したアイゼンはこれ。
冬用の登山靴じゃなくてもつけられるアイゼン。
モンベルさんいつもお世話になっていますm(_ _ )m webshop.montbell.jp

それでは今回のスケジュールと写真コーナーでさよならですノシ

スケジュール

1日目

時間 場所 備考
8:25 <待ち合わせ>奥多摩駅 コンビニは少し遠いので事前に準備
8:35 <バス出発>奥多摩駅 鴨沢バス停まで。バス料金は630円。
9:20 鴨沢バス停 登山届のポスト有。トイレ有。
9:50 小袖乗越
11:35 堂所
12:25-13:30 七ツ石小屋 昼休憩。見晴らし良好。水道有。トイレ有。
14:00 七ツ石山
14:10 ブナ坂
14:50 雲取奥多摩小屋 絶景。トイレ有。
15:15 雲取山 絶景。
15:45 雲取山 山頂。絶景。
16:05 雲取山 絶景。

2日目

時間 場所 備考
5:30 起床・朝食・出発準備
6:30 雲取山 出発。日の出キレー。
7:00-7:10 雲取山 絶景。
7:30-7:40 雲取山 絶景。
8:00 雲取奥多摩小屋 トイレ有。
8:50 ブナ坂
10:05 堂所
10:25 小袖乗越
10:40 鴨沢 バスの時間に注意!
12:23 <バス出発>鴨沢 1時間30分待機..
12:59 奥多摩駅

写真コーナー

1日目

お鍋ランチ

七ツ石小屋でのランチの一コマ。
僕が作ってるみたいですが、準備も調理も全部一緒に行ったケージくん。
トマト鍋うまかったー。
シメはインスタントラーメンにとろけるチーズ。
美味! f:id:yagi_suke:20160312224058j:plain

雪山テントがありました

雲取奥多摩小屋周辺です。
ここはテント設営できるのですが、暖冬とはいえ寒い中テント泊している人たちがいました。
さみーだろうなーと思ってたけど、どうなんだろう。
冬だから虫もいないし、空気が澄んで星も綺麗だろうし、冬ならではの楽しみ方があるんだろうか。 f:id:yagi_suke:20160312224052j:plain

ラストにドーン

雲取山はゆるーい坂道がずっと続くような歩きやすい(悪く言えば地味)山です。
ただ、ただですね、雲取奥多摩小屋からは4回くらいドーンときます。
この写真は第一回ドーンとした坂道です。 f:id:yagi_suke:20160312224138j:plain

ここまできたら山頂についたのと同じ

雲取山からとった一枚。
ここまでながーい稜線。
天気が良いと気持ちいですよ!
ここから山頂まではすぐ!坂道もあまりないです!やったー f:id:yagi_suke:20160312224134j:plain

登頂done

この写真を見て思った。
緑でペアルックみたくなってることに。。
山頂なのに積雪ないですねー f:id:yagi_suke:20160312224143j:plain

次回は2017年7月かな

雲取山の標高は2017.7m。
次は2017年7月にこよっかと。わら f:id:yagi_suke:20160312224117j:plain

やっぱりハンバーグ

山荘のご飯っていつも楽しみ。
ただ去年10月に来たばっかりだからメニュー一緒じゃないかなーと言っていたら、 本当に一緒だった。
登山後のご飯ってなんでも美味しいからご馳走だったけど。わら f:id:yagi_suke:20160312224112j:plain

2日目

朝一番の山頂

2日目の山頂。
朝一に山荘から山頂まで登るのが本当しんどい。
ただここ意外は全て楽なので、ここだけ頑張りましょ!
2日目はちょっと富士山見えた。
富士山見えたー!ってけいじが騒いでた。 f:id:yagi_suke:20160312224043j:plain

天気よかった

雪山はサングラス持っていかないとまぶしいですね。
次から絶対持って行こっと f:id:yagi_suke:20160312224103j:plain

富士山ばいばい

奥多摩小屋らへんからだったけな?
うっすら見える富士山にしぼしの別れを告げた瞬間。
僕の家から富士山見えるんだけどねー f:id:yagi_suke:20160312224034j:plain

バス停でぐったり

思った以上に早くくだってしまい、バスがない。
バスの時刻を事前に確認して、時間を調整して下ったほうがよいです。。
けーじくんが一刻も早く帰りたい病になったので、少し急いだんですが、急いでもバスがないっていう。
鴨沢のバス停で1時間30分ごろごろしてた。
奥多摩の自然の中で何も考えずにぐだぐだ出来るなんて至福の時だったなって思いました。 f:id:yagi_suke:20160312224404j:plain